インフルエンザ対策には水を飲む!

こんにちは!管理人です。皆様いかがお過ごしでしょうか。まだまだ暑い日が続いていますが、本日はインフルエンザ対策のお話です。夏に比べると秋から冬にかけては圧倒的に水分を取る量が少なくなります。鼻やのどの粘膜には線毛という毛が隙間なく生えていて波の流れのように常に動いて粘液を体外へと流しているのです。ウイルスを体外に追い出す仕組みは・・・水分摂取です。

を飲んで粘液を上に湧き上がらせる。

②線毛運動が活発になってくる。

③インフルエンザウイルスが鼻やのどから侵入してくる。

④線毛運動によってウイルスを体外へと運び出すので感染しない。つまり普段からたくさん水を飲んでいる人は、ウイルスがのどや鼻から入ってこようとしても線毛運動によって体外へ排出されてしまうのです。

水を飲む事で粘液が舌から湧き上がり乾燥した状態でも線毛運動を活発にし、インフルエンザを十分予防できるのです。

夏が終わっても水分補給を心掛けてウイルスに負けない体を!