人間の体の中に水はどれくらいある?

こんにちは!管理人です。皆様いかがお過ごしでしょうか。本日は体の中の水のお話です。

人間の体は成人の場合約60%が水です。体重60㎏の人の場合36㎏が水分という事になります。体の中の水分の割合は年齢とともに変化します。

誕生したばかりの赤ちゃんは、体の約75%が水分ですが、成長するにつれて子供の時期で約70%、成人すると約60%と減っていきます。

体の水の増減は筋肉や脂肪に関係しています。筋肉には水分がたくさん含まれるが、脂肪にはわずかしか含まれない。成長と共に体に脂肪がつくと、水をためておく場所が少なくなり、水分の割合が少なくなります。一方、老人になると筋肉の量が減るため、水分量もさらに減って体重の約50%になります。

残り3分の1は血液やリンパ液などに含まれていて、体中をめぐっています。

血液のポンプと言われる心臓からは1日7200リットルもの血液が栄養や酸素を運ぶために体中に送られていますがその60%が水分なのです。

体のリサイクル工場といわれる腎臓では1日に200リットルの血液をきれいにして再利用したり、いらなくなった物質をおしっことして体外に出したりしています。

水分は体の中で重要な役割を果たしています。毎日の水分摂取は体を正常に保つ健康法ですね!

参考文献「水と人びとの健康」(橋本淳司著・文研出版)より